プロフィール

profile8.jpg

長谷部真美子(はせべまみこ)

 

 

大阪府茨木市生まれ、埼玉県上尾市育ち、結婚後春日部市へ。
2014年3月、山々に囲まれた山梨県甲府市へ転居。
2019年より、山梨県南アルプス市在住。

 

部屋に溢れるぬいぐるみ、リカちゃん、バービー、こえだちゃん、シルバニアファミリー、など様々な人形たちに囲まれて育つ。

 

リリアンを編みながらひたすらお姫様を描いていた小学生時代、
バレー部で活動しながら、教科書を落書きで埋め尽くした中学時代、
本格的に絵の道に進もうと、美術部で油絵を描き始めた高校時代を経て、

武蔵野美術大学短期大学部デザイン科に入学。

 

イラストレーションコースを専攻し、イラストレーター斉藤好和氏に教えを請う。

 

卒業後、劇団四季が好きすぎて、思いあまって大道具部に就職するも、

1年にも満たずにあえなく挫折。

画材店でアルバイトをしながら一念発起、イラストレーションの道を模索し、

1997年頃からフリーイラストレーターとして活動開始。

その後、粘土による立体イラストを手がけ始める。

 

 

2005年、玄光社「イラストレーション」No.152「立体イラストレーター50人」に掲載。

 

展覧会にも積極的に参加し、
2007年には、表参道ピンポイントギャラリーにて、立体イラストで初めての個展を開催。

 

平面イラストでは、カットやイメージイラスト、絵本、演劇/映画のイラストルポ等、多方面で活動している。

作品を提供した企業は120社以上。

 

2010年11月、スパルタ助産師に怒られながら出産。

2018年6月、18トリソミーの次女を出産。

 

 

2019年2月より、ライフワークとしてイラストドールの制作を開始。

BASEとminneにて絶賛販売中です。

 

出産前の趣味は、バレエ、観劇、読書、着物、猫。

現在の趣味は、畑。