粘土クリエイター&イラストレーター、長谷部真美子のサイトです。

ご質問

ご質問ページ

よくあるご質問を集めました。

制作時間はどれくらいですか?

立体イラストで私が主に使っている粘土は、乾燥の時間、やすりがけ、色塗りが全て不要の「オーブン粘土」、早く作れるのが特徴です。
ですが現在子育て中のため、以前はラフを含めて一週間程度で制作出来るものもございましたが、現在はシンプルなものでも10日間〜2週間程度のお時間をいただいております。
ただ、内容や時期にもよりますので、まずはお問い合わせ下さい。

平面イラストは、カットの場合お急ぎでも対応可能です。
手描きのイラストは、カットよりも多少お時間を頂きます。

撮影はどうするのですか?

プロのカメラマンに、撮影からレタッチまでお願いしています。
餅は餅屋に、ということで、10年以上撮影をお願いしている信頼できるカメラマンです。
自分1人では思いつかない、撮影現場でのアイデアに助けられる事もしばしばです。

立体イラストの「制作の流れ」にも書きましたように、カメラマンさんとスタジオを御用意していただけるようであれば、現物を納品致します。
セッティングが必要な場合は撮影に立ち会い、簡単なものの場合は立ち会わずに撮影をお願いする事もあります。

解像度の低いWEB用の作品の場合は、自ら撮影することもございますので、こちらもご相談下さい。

納品方法を教えてください。

カメラマンさんとスタジオをご用意いただけるようでしたら、現物をご指定の場所まで直接お届けに伺います。
破損の心配も無く、セッティングも必要ないものの場合は、郵送させていただく場合もございます。

データ入稿の場合は、カメラマンからデータをお送りいたします。

データ入稿出来ますか?

はい、可能です。
こちらでいつもお願いしているカメラマンと組んでの仕事になりますので、ご予算に撮影料を御考慮下さい。

制作料金はどれくらいですか?

こちらでお見積もりを出すことは行っておりませんので、まずはご予算をご提示いただき、検討させていただいております。
立体イラストでデータ入稿をご希望の場合は、カメラマンと組んでのお仕事になりますので、撮影費も御考慮くださいませ。

もし、頼みたいけど予算が厳しい…というような事がございましても、まずはご相談下さい。
私の方からも何かしらアイデアを出すことが出来るかもしれません。

撮影後、作品はどうすればいいのですか?

撮影が終わりましたら、返却をお願いいたします。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional